会社概要
販売会社名 原 スイコー社
代表 原 治子
住所 大阪府堺市南区三原台4丁12-7
連絡先 072-294-0507
メール hara@harapot.com
営業時間・定休日 平日10時〜17時
土日祝、お盆・年末年始はお休みです。
開発者情報
開発者 原 周作
経歴 大阪府農林技術センター栽培部 花卉研究室長
技術士(農業・科学技術庁登録第19417号)
商品特許 特許番号 5685688
特許名 水耕栽培装置
開発者 原 周作
大阪府農林技術センターにて
開発の経緯
花鉢の養液栽培装置の開発について
技術士 (施設園芸コンサルタント) 原 周作
一般に鉢花の栽培は、限られた空域環境においての植物の正常な生育と、さらに加えて見事な開花が期待される事から、培地となる用土の構成は勿論のこと、給水と施肥にも格段の留意と技術を要するものであります。そして鉢花は、生かしたままで植物体を自由に移動させながら継続して観賞することが出来るので、今後もその需要は増加し、衰える事はないでしょう。

しかし、鉢花を生産する栽培農家側においては、当然のことながら最適環境となる完璧な施設を作り、専門で高度な管理技術と熟練した作業によって見事に生育させられて、鉢花と言う立派な商品として生産出荷されるのですが、その鉢花が流通過程を経て、多くの場合、最終的には必ずしも最善とは言えない多様な家庭環境に持ち込まれる事となり、そこでは栽培経験の殆ど無い素人の消費者の手にゆだねながら、個々の希望としてはかなり長期間を持続的に観賞される事が望まれます。
そして通常では蕾が開花するなどして発育が進んだようにも見えますが、光量不足や、給水忘れなどが原因で次第に劣化へと経過して、早々と観賞に耐えない姿となってしまいます。光量の問題は見ればすぐわかりますが、鉢内水分量と通気および肥料養分の問題はバランスとして読み取ることが必要で、正確に対処することは素人ではなかなか難しい事であります。

ここに紹介するポットシステムは、鉢花として鑑賞することとなる最終的な姿としては、養液栽培の原理に基づいて開発した極めて栽培しやすい栽培装置に関するもので、必要な栄養分を一定の濃度に希釈しておいた培養液を栽培セットの貯水タンクの水量の減少を見計らって、ただ補給するだけと言う単純な管理作業によって,だれでもプロの園芸家の作品に見劣りしない見事な鉢花として育だて上げたり、栽培を持続させることが出来ます。

鉢底で養水分が吸収されると同時に十分な空気が触れてエアレーションが完全に実現することから根腐れを起すことなく、植物の健全な発育を促すことが出来ます。
商品販売店・取扱店の方へ
園芸店やホームセンターなど、各業種のお店などで、当商品を販売していただくことが可能です。
詳しくは、お電話でお問い合わせ下さい。

また、商品をお店や会社などで大量にご利用頂ける場合には、
別の販売・配送、請求方法も可能です。
詳しくは、お電話にてお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

ハラポット
銀行振込
三菱東京UFJ銀行
銀行振込手数料はお客様のご負担となりますのでご了承ください。
商品代引き(ヤマト運輸)
代引き手数料はお客様のご負担となりますのでご了承ください。
お申込者登録住所以外へのお届け指定の場合、ご利用できません。
代引き手数料一覧をご覧下さい。
※5万円以上の場合は、別途収入印紙代200円が必要となります。
ヤマト運輸
ご購入いただいた商品と都道府県により送料が違いますので、配送料金表ページをご覧下さい。

配送料は税抜表示です。

1回のご注文にて商品を複数ご注文いただいた場合、ショッピングカートや自動返信メールでは、それぞれの商品に対して送料が最大まで加算されておりますが、一梱包でお送りできる場合には変更後の送料を「ご注文ありがとうございます」メールにてご連絡させていただきます。ご注文前におたずねいただくことも可能です。